「がんばろうふくしま!」応援店

menu

店舗情報

2021.03.05

店舗情報

大阪で東北の味を発信する【大阪モノラル】

今、大阪で一番熱い飲食店激戦区、福島エリア。その中でも東北地方、とりわけ会津のお酒や料理を振る舞う「大阪モノラル」にやってきました。

オーナーの佐々木健さんは、自身のキャリアのルーツは会津にあると語ります。
「10年ほど前、縁があって福島のお酒を飲ませていただいたんです。その時飲んだお酒がすごくおいしくて、そこから日本酒を勉強し始めました。当時はまだ福島の酒がフィーチャーされてない時代でしたが、僕の原点はそこにあります」

福島のお酒との出会いが福島をより知るきっかけになり、そこから色んな人たちと出会い、今の仕事に繋がったのだと語ります。

「大阪モノラル」には福島のお酒や料理を求めてこられるお客様もいらっしゃるとか。そんな福島好きの人たちが飲まれる日本酒について尋ねてみます。

「福島のお酒は味が似てるんです。会津だと甘めで旨味のあるお酒が多いイメージ。よく頼まれるのは「飛露樹」や「写楽」。このあたりは有名ですからね。あとは「会津娘」。どのお酒が一番人気というのはなく、どれも同じように注文していただいてますね」

 

もちろん。料理も福島県の郷土料理が用意されています。その中でも佐々木さんの一押しは馬刺しなんです。馬刺しといえば熊本のイメージ。会津流は食べ方も熊本とは違い、辛味噌をつけていただきます。ポン太さんも早速いただくと

「これ、この辛子味噌が馬肉にすごく合う。辛うまぁ~」

ピリッとした辛さが馬肉のうま味を引き立てて癖になりそう。

 

さらにもつ煮込みはというと
「いい意味で想像と違いますね。もっとこってりしてるかと思ったんですが、関西っぽさがまったくない、すごく優しい味ですね」

この他にもいかにんじんや山塩ラーメンなど、大阪ではなかなか食べることのできない料理も提供しています。大阪市福島区で味わう福島県の郷土料理はいかがですか?

<大阪モノラルオーナー 佐々木健さん>
「やはり僕の原点は福島にあります。福島はお酒や料理もそうですが、人間がよく情も厚い。そんな福島との縁を大切にしてこれからも応援していきたいですね」

ページTOPへ

Copyright (C) Fukushima Prefecture.All rights reserved.