「がんばろうふくしま!」応援店

menu

店舗情報

2020.03.26

店舗情報

新しい未来に向けた再スタート【ぬか茂菓子店】

 

安達太良山の麓、福島県本宮市にある『ぬか茂菓子店』は、1879年の創業以来、こだわりの和菓子・洋菓子を作り続けてきた老舗菓子店です。和菓子屋として創業後、1994年には洋菓子店「ル・ベール」を店舗に併設。厳選した素材を使用したお菓子類は長らく地元のお客様に愛されてきましたが、2019年10月に発生した台風19号の影響で近隣の河川が氾濫。店舗、工場共に2.5メートルを越える浸水被害に遭い、営業の中断を余儀なくされてしまいます。

苦難の中、新たなスタート


 

全体の被害額は大きく、一度は廃業も頭によぎる中、お客様の励ましの声や応援を受け再開を決意。2020年3月10日に再オープンを果たしました。店舗は和を基調とした内装でリニューアルし、洋菓子のル・ベールとぬか茂菓子店を統合した新ブランド『ぬか茂』を発足。ロゴデザインもぬか茂の「ぬ」をあしらったデザインに一新し、新たなスタートを切りました。

地元の素材にこだわった本宮ブランド

 
 

看板商品の一つが、地元本宮の素材にこだわった本宮ブランド商品の数々。皮に特産白沢とろろ芋と地元の味噌を使用した「もとみやまんじゅう」や、生地に本宮烏骨鶏と白沢とろろ芋を使った「モンすふれ」「どらやき」など、本宮の魅力を発信する商品として再開後も製造を続けていきます。

 

今後は特注の冷凍ケースを使用したイベントなどへの出店、ケースを外部店舗に設置した委託販売、オンラインショップのさらなる充実など、より外ヘ向けた展開も視野に入れています。

<ぬか茂菓子店 代表取締役・糠沢茂之さん>
「色々ありましたが、ようやく再オープンをすることができました。長い歴史を続けていくため、新しいスタートのつもりで一歩一歩がんばっていきたいと思います」

店舗情報はこちらをご覧ください >>>

ページTOPへ

Copyright (C) Fukushima Prefecture.All rights reserved.