「がんばろうふくしま!」応援店

menu

ふくしまの美味しさを支える

おいしさを支える【フルーツファームカトウ・加藤修一さん】


土壌へのこだわりが生み出す“吟壌果実”

 

阿武隈高地と奥羽山脈に囲まれた福島盆地の中心部に位置する福島市では、盆地特有の気候を活かした果樹栽培が盛んに行われてきました。その地で果樹農園「フルーツファームカトウ」を営んでいるのが加藤修一さんです。明治元年から続く農家の四代目として就農して30数年。その道のりには、より良い果物づくりを求めたこだわりが詰め込まれていました。

まず加藤さんが取組んだのが、全ての果物の土台となる土壌づくり。“健康な土が健康な木を育て、良い果実を生みだす”という理念に基づいて取組を始めました。基本の技術を習得するまでに10年、そこからさらに20年の試行錯誤を繰り返して辿り着いたのが「酵素農法」と呼ぶ農法。化学肥料を一切使わず、厳選した有機肥料を発酵させたオリジナルのボカシ肥料を使用し、生きた土壌をつくることによって美味しい果実を育てる技法を確立させました。
「30年やってきたと言っても、研究する機会は年に1回の収穫の時期しかありません。しかもその成果が出るのはさらに数年後。長い道のりでしたが、当園でしか作れない域に達したと自負しています」(加藤さん)

辿り着いた“吟壌果実”

こうして育てられた果実は、土壌の“壌”を当てた「吟壌果実」としてブランド展開を開始。果物本来の甘さと香りが評判を呼び、全国各地にリピーターを生んでいきました。「吟壌桃」としてすべて酵素農法で栽培される桃は「あかつき」「川中島白桃」「ゆうぞら」など10種類。上質な甘さと香り、雑味が一切ない味わいが特徴のこだわりの品々です。
「盆地特有の気候に恵まれた福島市では全国でもトップクラスとも言える質の高い桃が育ちます。当園ではさらにその先を目指して取組んできました」(加藤さん)

 

桃の他には「吟壌さくらんぼ」「吟壌りんご」を栽培しています。甘さや酸味、それぞれの果実の持つポテンシャルが最大限に引き出されています。
「大切なのはどんな果物を作りたいのかを明確にすること。甘さ、香り、食感など、頭の中で描いたイメージに向かって探求して結実させる。それを長年やってきました」(加藤さん)

果実の特性を知り尽くした職人が手掛ける“吟壌果実酒”

近年、加藤さんが取組んでいるのが果実酒づくり。原材料には「吟壌りんご」のみを100%使用し、瓶内二次発酵という本格的な製法で仕上げたシードルを開発しました。甘さ、酸味、苦味、香り、それぞれの品種の特性を知り尽くした加藤さんにしかできない配合で4種類のりんごをブレンドし、様々なシーンに合わせたシリーズを展開しています。

おいしさを支える人

<フルーツファームカトウ・加藤修一さん>
「一度食べて、飲んでいただければ、その品質をわかっていただけると思います。吟壌果実をさらに強いブランドとして確立していけるよう、努力していきたいと思います」

土壌へのこだわりが生み出す味わいを、ぜひご賞味ください。

ページTOPへ

Copyright (C) Fukushima Prefecture.All rights reserved.