「がんばろうふくしま!」応援店

menu

ふくしまの美味しさを支える

おいしさを支える【川俣シャモ生産者・斎藤正博さん】


たゆまぬ探求の先に

川俣町の特産品「川俣シャモ」は、その品質の高さから、県内はもとより首都圏の飲食店などでも取扱われるなど、福島を代表する地鶏の一つとして知られています。その特徴は地鶏ならではの旨味と、ジューシーさを持つ適度な歯ごたえ。この絶妙なバランスが多くの人に愛されています。このブランド地鶏はどのようにして生まれたのでしょうか。

 

かつて絹織物の町として栄えた川俣町で、娯楽として親しまれていたのがシャモ同士を争わせる闘鶏。多くの民家で飼われていたシャモを活用して町おこしをしようと、昭和58年に始まったのが食用シャモの研究でした。
「始めた当初は本当に手探り状態でした。」
そう話すのは、当初からの生産者であり現在川俣シャモファームの代表を務める斎藤正博さん。
試行錯誤を繰り返し、昭和62年には販売を開始。生産数も伸びていきましたが、飲食店での取扱いが中々増えていきませんでした。そこで斎藤さんたちは品種改良に着手。新たな交配を試し、ほど良い噛みごたえとジューシーさを持つ現在の肉質を誕生させました。平成10年に新品種に切り替えてからは飲食店での取扱も増えていき、ブランド地鶏として県内外に広く知られていくようになりました。

 

川俣シャモは、生育期間に通常のブロイラーの2倍以上、約110日間をかけて大切に育てられ、平飼いの清潔な鶏舎でのびのびと成長していきます。餌には専用飼料を使用し、程よい脂身がつくように独自の配合がされています。

 

平成18年からは飼育から加工・販売までを町内で一元管理するシステムを導入。町で一貫となって品質向上に取り組み、平成20年には福島県ブランド認証産品に認定されました。

 

設立当初から取組んできた加工品づくりも、現在では燻製、ソーセージ、レトルトカレー、炊き込みご飯の素など豊富なラインナップに。中でも「地鶏鍋」は、モモ肉、手羽元、肉だんご、ガラスープがセットになった川俣シャモの魅力を堪能できる人気商品です。

おいしさを支える人

<川俣シャモ生産者・斎藤正博さん>
「今の品質に満足することなく、もっと良いものを作っていきたいと思っています。何よりも地元の方に“この町に川俣シャモがあって良かった”と思ってもらえるようにさらに頑張っていきたいです。」

たゆまぬ努力と探求が生んだ地鶏の魅力を、ぜひご賞味ください。

ページTOPへ

Copyright (C) Fukushima Prefecture.All rights reserved.