「がんばろうふくしま!」応援店

menu

店舗情報

2018.10.18

店舗情報

深大寺から福島の魅力を発信!【だるチャンのおうち】

東京都調布市、日本三大だるま市の1つ「深大寺だるま市」としても知られている深大寺入り口に佇む「だるチャンのおうち」。オリジナルキャラクター「だるチャン」などのだるまグッズ、ちょう布だるま、柿渋染めの手作りの商品や、福島県各地のだるま(矢野目、三春、白河、いわき、会津)を販売しているお店です。

 

商品製作や店舗の運営を行っているのは地域の女性団体「だるチャンプロデュース」の皆さん。代表を務める福島市出身の貴山さんは、移り住んだ調布市でだるまの魅力に惹かれて以来、数々の商品企画やイベントを実施してきました。震災後には故郷を応援したいという想いから、チャリティ物産展への出店などの支援アクションをすぐさま開始。2011年12月には“東北応援”をテーマとした「第2回だるま展」を開催し、福島を中心とした東北だるまが集う一大イベントとなりました。

福島の魅力をプロデュース

 

店内ではだるまグッズの他に福島県産品の取り扱いも行っています。催事で出会ったという「ほおずきジャム」は、福島県白河市の鈴木幸代さんが手がける商品で、だるチャンオリジナルのポーチとセットでの販売も。さらに貴山さんは鈴木さんとの交流を深め、地元の和菓子店と連携したほおずきスイーツを作り、深大寺鬼燈(ほおずき)まつりで販売するなどもしています。

<貴山圭子さん>
現在製作している柿渋染めの商品を今後は会津の原料で作っていくことなども考えています。福島と調布を繋ぎ、この地が魅力あふれる福島の産品を発信していく拠点となっていければと思います。

店舗情報はこちらをご覧ください >>>

ページTOPへ

Copyright (C) Fukushima Prefecture.All rights reserved.