HOME「がんばろう ふくしま!」応援店体験バスツアー【日帰り・無料】

「がんばろう ふくしま!」応援店体験バスツアー【日帰り・無料】報告

バスツアー

平成28年度の体験バスツアーは終了いたしました。
ツアー当日の様子をご紹介いたします。

● ツアーコース

 川崎・品川発福島県農業総合センター(検査施設見学・昼食)「ふくしまから はじめよう。食の商談会 ふくしまフードフェア2016」(商談会)奥の松酒造またはふくしま農家の夢ワイン(酒施設見学・商談)川崎・品川着

● 参加者

 首都圏で食品を扱う小売店や飲食店、既加盟店で新たに福島県産農林水産物の購入をしている飲食店、新規加盟を検討している飲食店など、26組37名の方々が、参加してくださいました。



● 【見学】福島県農業総合センター(検査施設訪問)

 郡山市にある福島県農業総合センターは、技術開発機能を核に、安全・安心な農業を推進する機能、農業教育機能を兼ね備えた、福島県の農業振興の拠点です。
 現在は、ここで福島県産農産物の放射性物質モニタリング検査が行われています。参加者の皆さんには、福島県がどのように農林水産物の安全に取り組んでいるかを、実際の検査設備をご覧いただきながら説明しました。



● 【昼食】JA農産物直売所「愛情館」のお弁当

 限られたツアー時間の中でも美味しい福島県産農産物を味わっていただきたい!という思いから、JA全農福島直営の農産物直売所「愛情館」さんにご協力いただき、牛肉のしゃぶしゃぶやなすの肉味噌炒め、季節野菜をふんだんに使った揚げ浸しなど、調味料とごま以外の食材は郡山市を中心にすべて福島県産!というお弁当をお召し上がりいただきました。

● 【商談会】「ふくしまから はじめよう。食の商談会 ふくしまフードフェア2016」

 本ツアー最大のイベント、郡山市にあるビックパレットふくしまで開催された「食の商談会」では、福島県の魅力ある食品・食材を取り扱う生産・加工事業者など180以上の企業・団体がツアー一行をお出迎え。参加者の皆さんはお目当ての食材を試食したり、新しい食材の情報を得たり、各ブースで名刺交換や商談が活発に行われました。



● 【見学・商談会】「奥の松酒造」または「ふくしま農家の夢ワイン」(酒施設訪問)

 最後の訪問先は二手に分かれて、日本酒の醸造元「奥の松酒造」さんとワインの醸造元「ふくしま農家の夢ワイン」さんを訪問しました。
 「奥の松酒造」さんでは、出来上がった日本酒を瓶に詰める工場を見学したのち、仕込みの様子をビデオ鑑賞し、酒造りのこだわりや、原料となる酒米の検査対応について説明を受けました。試飲会場で実際に味わっていただくと、今後の商談に向けての名刺交換や、自身が主催するイベントで活用したいと購入される参加者もいらっしゃいました。



 もう一つの会場、「ふくしま農家の夢ワイン」さんでは、まずワイナリー設立の苦労や設備を手作りで完成させた経緯、そしてワイン造りのこだわりについて説明を受けたのち、工場を見学しました。各設備の説明を受けるなかで、オリジナルワインの受注生産を行っているという話に興味を持ってくださる参加者の方が多くいらっしゃいました。ご自身のお店でまずはテスト販売したいと購入される方や前向きに取引を検討したいという声もありました。



平成28年度のツアー告知概要は こちら からご覧いただけます